生き物の知識を増やす

生物が好きです。

ホから始まる生き物

「ホ」


f:id:Okiami:20190606142754j:plain

f:id:Okiami:20190610150304j:plain

ボウアオノリ

アオサ科の緑藻。管状になっている。基部から数本出る。


f:id:Okiami:20190610181838j:plain

ホウノオ

「鳳の尾」の意味。鮮やかで細かに枝分かれする。藻体は柔らかく、真水につけると直ぐに溶け始める。押し葉にすると赤いシミを台紙につけるので、綺麗に仕上げるのが難しい。


f:id:Okiami:20190606142524j:plain

ホウボウ

胸鰭が鮮やかである。キス釣りをしていたら釣れた。船釣りが一般的。


f:id:Okiami:20190606142607j:plain

ホシキヌタ

タカラガイ科の貝。磯で見かけた。「星の模様がある砧」という意味だろうか。食べるには割る必要がある。


f:id:Okiami:20200127225704j:plain

ホシギンポ

タイドプールで採取した。ギンポ類は種類が多いのでややこしい。


f:id:Okiami:20200111013233j:plain

ホシササノハベラ

アカササノハベラによく似ている。アカササノハベラとは異なり、眼下の黒い筋が胸鰭の付け根に達していないのが特徴。一枚目の写真はおそらく雌個体である。ベラ科魚類は性転換をおこない雌から雄へと性を変える(雌性先熟)。

f:id:Okiami:20200111015502j:plain

見えにくい写真だがおそらく雄個体。一枚目とはかなり体色が異なり、より不気味である。雌雄間でも体色は異なるが、そもそもベラの仲間は体色に個体差があることにも注意したい。


f:id:Okiami:20190717114604j:plain

ホシホウジャク

スズメガの一種。飛行中は分かりやすいが、止まると地味で見慣れない感じがする。クロホウジャクによく似る。


f:id:Okiami:20190610150755j:plain

ホソクビワタモ

基部から数本立ち上がるように生える。袋状の体を持つ褐藻。ワタモより細い。よく見るのは写真の個体のようなものだが、60cm程までに長く伸び、強く捻れた個体も見たことがある。


f:id:Okiami:20190609113757j:plain

f:id:Okiami:20190609113811j:plain

ホソバナミノハナ

ナミノハナ科の紅藻。先端は軽く巻き込む。マクサなどのテングサ科の有用海藻に似ているので採取するときは注意する。


f:id:Okiami:20191115000010j:plain

f:id:Okiami:20191114225515j:plain

ホタテウミヘビ

ウナギ目ウミヘビ科の硬骨魚類。砂地で釣れた。独特の模様が迷彩柄のようでおしゃれである。食べるなら骨切りは必要。


f:id:Okiami:20190606142634j:plain

ホトケノザ

仏の座。葉の様子が大仏が座っている台部分に似ている。幼少の頃は花の蜜をよく吸った。春の七草に含まれる「仏の座」はオニタビラコのことなので間違えないように。