生き物の知識を増やす

生物が好きです。

「ヒ」から始まる生き物

「ヒ」


f:id:Okiami:20190606013731j:plain

f:id:Okiami:20190606013749j:plain

ヒザラガイ

磯に行けばよくいる。刺激すると基質にしっかり固着するので採取するときは不意をつくように剥がすと良い。靴で軽くボンッと蹴るようにすると、生体を傷付けず、かつ力を使わず剥がせる。食べるには殻や歯舌を取り、表面の皮みたいな部分を削る必要がある。スライスしたものを醤油とミリンで炒めた。身はコリコリしている。おつまみ程度のもの。歯舌は磁鉄鋼で覆われているので磁石にくっつく。


f:id:Okiami:20190610183221j:plain

ヒトエグサ

ヒトエグサ科の緑藻。薄い膜状。細胞が1重(ひとえ)なのでその名前がある。


f:id:Okiami:20190606014003j:plain

f:id:Okiami:20190606014020j:plain

ヒメケハダヒザラガイ

ケハダヒザラガイと同様に9対の毛の束が特徴。体の前半に位置する毛の束のほうが小さく、間隔が密になる。


f:id:Okiami:20190606014258j:plain

ヒメヒオウギ

南アフリカ原産のアヤメ科の植物。非常に可愛らしい。


f:id:Okiami:20190606014435j:plain

ヒメマルカツオブシムシ

屋内で見かける。衣類や食料品を食害している。


f:id:Okiami:20190606014530j:plain

ヒモイカリナマコ

泥干潟に点在する糞塊の下を掘り起こすと出てきた。簡単に千切れる。千切れたり、或いは自切したりしても再生する。


f:id:Okiami:20190606014603j:plain

ヒラガラガラ

よくある適当な写真。何をいつ採取したかを記録するためにサッと撮影しておくからである。ガラガラ科の紅藻。石灰質により表面はザラザラしている。

f:id:Okiami:20190610183514j:plain

乾くとくすんだ色になる。


f:id:Okiami:20190606014627j:plain

ビロードモウズイカ

同定は定かではない。日当たりの良いところで生育している。大きく育つと2メートル程になる。外来種。「モウズイカ」とは「"毛"のある"蕊(しべ)"を持つ"花"」という意味らしい。