生き物の知識を増やす

生物が好きです。

「ヌ」から始まる生き物

「ヌ」


f:id:Okiami:20190609001737j:plain

ヌタウナギ

思わぬ形で「ヌ」から始まる生き物として仲間入りすることになった。夜8時頃にアナゴ釣りをしていたら釣れた。竿先が微かに動いていたが、当たりらしい当たりも無く、ウミケムシだろうと思って引き上げるとコイツであった。捌いて刺身で食べてみると、貝のようなタコのような、身に覚えのある味がした。スルメか?背骨というものが地球上に出現する前の生き物なので、背骨は持っていない。かわりに脊索を持つが、これはコリコリしていてそのまま食べられる。なので、後述の"ヌタ"さえなければ捌く手間は殆んど無い。

f:id:Okiami:20190609001758j:plain

背中に白い線が入る。尾鰭らしきものはあるが、それ以外の鰭などは見当たらない。眼は退化している。

f:id:Okiami:20190609001814j:plain

まあまあ食らい付いてくる。顎は持たないが舌歯がある。口の中に引き込むように力強く噛む。捌くと口を動かす円柱状の筋肉が出てくるが、その部分は甘味が強かった。腹側に開いた口の上には鼻孔が1つだけ開く。魚っぽく泳いだりするが、どう見ても魚ではないsomethingである。

f:id:Okiami:20190609001831j:plain

刺激を与えるとヌタ腺から粘り気のある繊維のようなものを分泌する。これを水に溶かすと吸水してみるみるうちに鼻水のようなものが大量に出来上がる。


f:id:Okiami:20190601205256j:plain

f:id:Okiami:20190601205309j:plain

ヌルデ

よく見かける落葉小高木。ウルシ科だが、被れる人は少ない。ヌルデシロアブラムシによる虫コブの形成が見られることもあるらしいので、見つけたら割ってみようと思う。葉と葉の間にある軸には翼(よく)と呼ばれる部分がある。本種以外にもニシキギや、ハナハマサジ(スターチス)、ユズなどのように翼を持つ植物はいくつかあり、その役割としては同化器官を大きくする、熱を放散しやすくする、折れにくい等が考えられるが、実際のところ何なのだろう。

実は、「ヌ」から始まる生き物の写真を1枚も持っていなかったので、急いで撮りに行った。間に合わせである。